MCIの定義

MCIの意味は軽度認知障害という認知症(不治の病と言われます)の1ステップ前の段階のような病気の事を意味するワードです。MCIまでもを考慮した認知症(不治の病と言われます)のにかかっている方の数は、65才以上の年寄り人口と言われる数の実に約25%もの人数にのぼるというのは有名な話ですよね。

後数年も経てばこの割合が3分の1を超える割合に増えていくのでは、と考えられているんですよ。
アルツハイマー(女性に多い)型の認知症(不治の病と言われます)が起こる原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)は、加齢や遺伝が密接関係するという事がわかっています。

そして近年の研究において糖尿病や高血圧の人はそうではない人よりもアルツハイマー(女性に多い)型の認知症(不治の病と言われます)になってしまう確率が高くなってしまう事が科学的に証明されました。

認知症(不治の病と言われます)の治療において大切な事は正しい方法で適切な治療法を行っていく事です。というのも、認知症(不治の病と言われます)にはいくつかのタイプがあるのでそのタイプと症状の進行具合によって適切な治療法が変わってくるからです。

ここで間違った方法で認知症(不治の病と言われます)治療に臨んでしまうと改善するどころかかえって逆効果になることすらありえるので注意が必要でしょう。

認知症 予防 サプリメント