英語にも訛りがある

英語にも日本語と同様に訛りがあります。
日本語も地域によって訛りがあり、単語が違うもの、発音やイントネーションが違うものなど様々です。

英語は、世界中で話されている言語で、母国語になっている国、公用語になっている国などがあります。
よって、国によって訛りがあったり、その国の中でも様々な訛りがあったりします。

英語といえばイギリスですが、イギリスの中でも地域によって訛りがあります。
南イングランド、北イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの地域によって訛りがそれぞれあります。

アメリカ合衆国でもニューヨークなどの東部と南部でも訛りがあります。
また、アメリカは世界中から人が集まる国ですから、出身国によっても訛りが生じます。
フランス人、イタリア人、ドイツ人、ロシア人などの出身国によってもアクセントの違いが生じてきます。

インド、南アフリカ、オーストラリア、アフリカ諸国、アジア諸国などでも英語は話されていますが、それぞれに訛りがあります。

このように英語には訛りがたくさんあります。
日本人が話す英語も1つの訛りと考えると英語を話す時により英語らしい発音をしなくてはと意識しすぎることもなくなるかもしれませんね。

英会話をオンラインで学べるビジネス英語ができる教室は