自費診療と保険診療のメリットについて

自費診療と保険診療のメリットやデメリットについて考えてみたいと思います。
今回は、歯の治療の時に自費診療と保険診療のどちらを選んだほうがいいのかについて書いてみます。

自費診療は、治療費の全額を負担することです。
保険診療は、治療費の一部を負担し残りは国民保険や社会保険が負担をしてくれます。

費用の面に関しては、保険診療のほうがいいです。
治療費を一部負担すれば治療が受けられます。

しかし、保険診療は最低限度の治療を受けられますが、生命や生命活動に影響のない治療方法は選べません。
歯の場合は、入れ歯やブリッジは保険が適用されます。
これは、歯が抜けてしまっていると生命活動もしくは日常生活に支障をきたす恐れがあるからです。

自費診療は、全額治療費が自己負担になりますので、治療方法を自由に選択することが出来ます。
歯の場合でいうと、インプラントの治療がこれに当てはまります。
歯が抜けた場所は、上記の入れ歯やブリッジを使えば噛むことは出来るようになります。
インプラントを必ず選択する必要はありません。
入れ歯やブリッジでも材質を選択するとなると自費診療となることがあります。

このように、費用の面では保険診療にメリットがありますが、治療方法の選択肢でいうと自費診療にメリットがあります。

ホワイトニング用の歯磨き粉が通販で買える