美容外科のレーザーによるしみ治療

皮膚のしみを取り除きたい場合は、美容外科でレーザー治療を受けるという方法があります。肌は太陽の光を浴びると黒くなりますが、これは太陽光の中に存在している紫外線が皮膚に働きかけ、メラニン色素を増やすためです。

人間の皮膚は、刺激から皮膚を守るためにメラニン色素をつくる機能があるため、日焼けという現象が起きます。しみも基本的には日焼けを同じ原理で、局部的にメラニン色素が作られることで生じるのです。狭い範囲にメラニン色素が集まればしみに、太陽光の当たった広範囲に色素ができれば日焼けになります。部分的に色が濃くなるしみは目立つものであり、濃さによってはメイクでも隠すことが困難です。美容外科のレーザー施術で、しみを取り除いているという女性もいるようです。色素のある場所に熱を発生させるレーザーを当てるため、しみ以外の場所はレーザーの光の影響を受けません。レーザーを受けてしみに熱が集まると、皮膚細胞として使えない状態になり、何日かかけて剥離していきます。しみが剥がれ落ちた後からは、メラニン色素の少ない白い肌が出てくるのです。表層のしみのできた皮膚を除去すると、繊細な皮膚が表に現れますので、皮膚にダメージを与えないようなケアが重要です。ダメージに弱くなっているので、レーザー治療した部分はサージカルテープなどで保護することが大事です。
http://www.ykdonky.net/