更年期のニオイについて

更年期の汗は、前触れもなく、どこででも出ると思っておいたほうがいいでしょう。
汗が吹き出してきたら、ゆっくりと腹式呼吸をすると、自律神経のうちの交感神経の働きがやわらぎ、症状を軽くするのに役立ちます。

更年期の汗は濃くて蒸発しにくいので、衣類の脱ぎ着で調節できるよう、外出時は重ね着をしましょう。
汗が出始めたら1枚脱いで、おさまったらまた重ね着します。
こうすることにより、出た汗の蒸発をコントロールすることができ、吸収と発散の作用が体温調節にも働きかけて、多汗の予防にもなります。

汗を抑えるよりも、いい汗をかくための対策をしましょう。
入浴は血行をよくし、発汗を促すので、ゆっくりとお湯につかるだけでも多汗の予防になります。
ちなみに、更年期の多汗の症状が盛んなときは「酢風呂」がおすすめです。
醸造酢や黒酢などを入浴前に湯船に入れて、最後にシャワーを浴びれば、お酢のニオイは残りません。

また、日中、体を動かしていると、乳酸がたまってきます。体内に乳酸が増加してくると、それに比例して汗の成分にアンモニアが増えてニオイの元になるのですが、ゆっくり入浴していると、血液循環がよくなり、乳酸が減少します。嫌なニオイも減少します。

クリアネオ【CLEANEO】の口コミ・購入はこちら